不動産購入に係る諸費用について

今回は諸費用のご説明をさせて頂きます。まず下の資金計画明細書をご覧ください。
概算になりますが、新築戸建て物件価格3,500万円 自己資金150万円の場合で計算致します。諸費用は大体物件価格の6%~8%位掛かります。下記の例で言えば諸費用は280万円です。自己資金が150万円で計算してますので、物件価格+130万円の借入が必要になります。住宅ローンの場合、物件価格の110%までが借入出来る額となります。物件価格の100%を超えますと、審査、金利など不利になる事がございます。では諸費用を抑えるにはどうすれば良いでしょうか。

※諸費用は物件価格・借入額・不動産評価額などにより変動致します。

資金計画明細書1

諸費用を抑えるには、単純に引ける項目を引けば良いです。まず、弊社に関係する部分は、仲介手数料¥1,198,800当社事務手数料¥32,400です。基本的に弊社では事務手数料を頂いております。事務手数料とは?と聞かれますが、購入物件の調査費、書類作成費、ローン関係手続き費などの費用をして頂いております。では仲介手数料を引いた場合の諸費用です。下記のように諸費用は約150万円に抑えられます。借入額は3,500万円になりますので、物件価格の100%以内に収められます。もちろん月々の返済額も変わります。更に他に諸費用を抑えれば、自己資金の持出しが少なく出来ます。どこを見直せば良いでしょう。

次に金額が大きい部分は融資保証料になります。この部分は住宅ローンの金利に含め事も出来ますので、約70万円も減らす事が出来ます。但し、金利が+0.2%されますが、新居には色々家具や家電などと掛かりますので、手元に現金を残しておきたいものです。また、火災保険料も見直しの項目のひとつですが、長期10年一括の方がトータルの支払いは抑えれます。結果、諸費用を約80万円まで抑えることが出来ました。他の項目に関しましては、基本的に必要な項目になります。表示登記料に関しましては、新築のみ掛かります。

諸費用を80万円に抑えて、借入額3,480万円 自己資金100万円にした場合です。借入額は少なくなりましたが、保証料を金利に含めた為、金利0.2%上がった分月々の返済額は少し上がってます。



今回は項目の詳細につては触れておりませんので、また違うコラムを作ろうと思います。お客様にあった資金計画をご提案させて頂ければと思っておりますので、疑問点がございまいしたら、お気軽にお問い合わせください。